飲食店営業許可

飲食店やケーキ屋さんなど食品を扱うお店の営業を始めるには飲食店営業許可を取得する必要があります。

各市区町村の保健福祉事務所など(名称は地域によって異なります)に申請します。

手続の流れ(川崎市の場合)

事前相談

〇店舗など施設の工事開始前に、図面を持って区役所衛生課に相談します。

 施設基準に合っていることが必要です。

〇営業の施設又は部門ごとに、食品衛生責任者を定める必要があります。

 有資格者がいない場合は、申請前に養成講習会を受講し、食品衛生責任者の資格を取得しなければなりません。

申請書類の提出

標準処理期間は10日です。

申請書類

〇営業許可申請書

〇施設の図面(営業施設の大要・配置図)

〇食品衛生責任者設置届

〇食品衛生責任者の資格を証明するもの(原本)

〇許可申請手数料

〇法人の場合は登記事項証明書(6ヶ月以内、原本)

調査日程の相談

調査担当者との打ち合わせ。

実地調査・審査

営業者の立会いが必要です。

実地調査の結果、不適事項の改善指導を受けた場合は、改めて調査日程を決め、改善後に再調査を受けます。

実地調査後に、内容審査があります。審査が終了し、許可が下りるまでは営業を開始できません。

営業許可書交付

審査が終了し、許可を受けると保健所から営業許可書が交付されます。

営業開始

おめでとうございます。飲食店開店です!

食品衛生責任者の資格とは

  1. 栄養士、調理師、ふぐ包丁師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者若しくは船舶料理士の資格又は食品衛生管理者若しくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者
  2. 食品衛生責任者の資格取得のための養成講習会修了者